とっても大事な機能であることを認識しよう!

骨盤って日常生活ではその存在を全く意識することが無いものですが、人間の骨格の中でとても重要な存在なんです。

 

自分の意志で動かしたり、コリや痛みを感じるようなことはありませんが、常に上半身の重みをしっかりと支えながら、足を動かすための起点となり、さらには上半身と下半身のバランス調節するための起点にもなってくれていますね。

 

座る時に身体を安定させるための台座の役割でもあります。

 

さらに骨盤の底の部分には重要な筋肉ががあり、この筋肉が内臓が下に下がってくるのをくいとめる役割もしています。

 

加齢によって徐々にお腹、特に下腹部が出っ張ってくることがありますが、これは脂肪が尽きやすくなっただけでなく、内蔵を支えている筋力が衰えてくるために、支えきれなくなった内蔵が下がってきてしまうことも原因と言われています。

 

女性の場合は骨盤の中に子宮などの赤ちゃんを育てるための大切な機能があるため、それらを守るという意味でも、とても重要な役割を果たしてくれているのです。

 

インナーマッスルの中でも特にコアな筋肉であるため、常に鍛える事を意識することにより、全身のバランスや姿勢、そしていつまでも若々しくいることができるのです。

 

このように普段はそれほど意識することの少ない部位なのですが、ちょっとしたゆがみなどによって臓器にまで影響を及ぼすことがあるのです。

 

さらに、臓器の働きが悪くなると、消化不良や便秘などいろいろな体調不良の原因にもなってくるわけです。

 

このような点から、骨盤がゆがんでいる状態というのは身体にとってデメリットだらけなのです。

 

そのため、体を正常に働かせ、健康に過ごすためにも正しい骨格になるように矯正することはとても重要だと思うのです。

整体などに行く必要はありません

一般的には骨格の矯正は整体などに行ってやるものというイメージがあるかもしれませんが、骨盤の場合は自宅でもできることはとっても多いのです。

 

例えば、骨盤底筋の鍛え方は簡単で普段からできることはお尻をキュっとしめる事で、ただそれだけ毎日続けると確実に効果がでてきます。

 

また、よく言われるのが日常的にやってしまっている癖が原因で骨盤がゆがんでしまうというものです。

 

代表的なのが足を組むという動作や頬杖をつくような動作でしょう。

 

このように身体の左右の筋肉を偏って使うことが習慣となってしまっている場合は、ついついやってしまう習慣や癖を可能な範囲でやめるように意識するだけでも効果が期待できるのです。

 

骨盤矯正というと、すごくお金がかかったり、専門的な知識が必要のような気がしますが、そもそもは日頃の習慣などが積み重なってゆがんできたものなので、自宅でのセルフケアでも十分に改善することは可能だと思います。

 

そのため、まずは自宅でできる方法を知って、その中から自分の体調や性格などから合うものを選んでみて下さい。

 

それでもあまり効果を得られないと感じた場合には、整体などに言ってプロの施術を受けてみるという順番でいいでしょう。

 

まずはできることをすぐに始めてみることが大切だと思います。

産後の矯正はできるだけ早く始めよう

実際に私も出産後は骨盤が広がってしまうということを聞いていたので、出産してすぐにフライビシットという骨盤矯正ショーツを装着しました。

 

初めはとてもきつくて苦しかったのですが、なれてくると逆に締め付けが心地いいくらいになりました。

 

自分なりに出来る事はしたのですが、足を動かした時に間接がカクカク外れるような音がずっとしていてとても気になったので接骨院に行ってみました。

 

診てもらった結果、やはり骨盤がゆがんでしまっていたようでした。 

 

仕方のないことなのですが、出産時に産道を大きな赤ちゃんが通るためにどうしても骨盤が開いてしまうと言われています。

 

さらにそのような骨格の状態で赤ちゃんを抱っこしたり、授乳をしたりしているうちにそのまま歪んでしまうそうです。

 

けれど泣いている赤ちゃんを抱っこしないわけにはいかないので、防ぎようがなかったように思います。

 

ただ、もっと早くに時間を見つけて接骨院に来ていれば、もう少し食い止められたそうです。 

 

出産後は自分の体に事にまで気が回らなかったので、つい後回しにしていたのですが、

 

長い目で見ると早いうちからのケアがとても重要だと思いますで、どんなやり方があるのかを知って、自分に合ったやり方をいち早く取り入れることが大切です。

現在骨盤矯正のために、整体に通っています。仕事が、デスクワーク中心なのですが、同じ体勢で作業をつづけていると、肩や背中がしびれるように凝ってしまい、なかなか解消しなかったからです。凝りがひどいときは、腕をあげるのもつらく、仕事の効率もとても悪かったです。解消するためにいろいろと調べていましたが、からだのゆがみがあると、血流やリンパのながれがとどこおり、凝りにつながってしまうようでした。骨盤矯正を主におこなっている整体の方が知り合いにいたので相談したところ、骨盤からゆがみをとっていけば改善するということでした。体を支える根幹になる骨盤が、デスクワークのときの姿勢によってゆがんでしまっているようで...
私は看護師なので健康やダイエットにとても興味があります。やはり健康な身体の基本は、太りすぎや痩せすぎにならないことが大切です。昨年出産し必ず骨盤が歪むと情報を得ていたので産院から紹介されたトコちゃんベルトを使用しました。それ以前にもエステサロンで購入した矯正ベルトを使用し、腰がとても楽になっていたので産後も使用しようと考えていました。ただ、エステサロンで購入したベルトはゴム製だったので、出産の時期の肌が敏感な時期には赤くなってしまっていたので、産後は他のものを使おうと思っていました。そこで助産師から勧められたトコちゃんベルトを出産前に準備をしておいたのです。産後は、うわさの通りで便秘がちになる...
私が出産を迎えるときにお見舞い来てくれた助産婦の友達が「産後の骨盤ベルトはちゃんとするよう」と教えてくれていました。今では結構当たり前のことなんですけど、そういった情報に疎かった私は「なんだかめんどくさい」と思ってサボってしまいました。ただ穿くだけでいいようなものものたくさんあるのに、それをさがすことすら面倒だったんです。それが悪かったのか産後半年頃に3キロのマラソンにエントリーした時、すぐに左ひざを痛めてしまいました。最初は身体がまだ元に戻っていないのかなとも思っていたのですが、今まで一度もない違和感があったので何か体が根本的に変わってしまったような気がしていました。骨格ってけがなどの明確な...
最近流行りの骨盤矯正ですが、どうして矯正する必要があるのかご存知でしょうか。実際にいろいろな雑誌などで、痩せるとか代謝が良くなるといったことが言われていますが、その効果が本当かどうかを知るためにも、敢えて逆のことを考えてみるとわかりやすいと思います。どういうことかというと、ゆがんだ状態から正常に戻したときのメリットを明確にするためには、まずはゆがんでしまった状態だとどんなことが起こるのかを考えてみるということです。ではどんな弊害があるのかと言うと臓器降下代謝の悪化姿勢の崩れヒップダウンバストダウンといったことが挙げられます。全体的に通して言えることは、「下に下がってしまう」ということでしょう。...
私はもともと腰痛持ちだったのですが、妊娠を機にさらに悪化していきました。出産したのが真夏だったため、とにかく暑くて腹帯など腰痛対策もろくにすることもありませんでした。本当はやった方がいいのは分かっているんですが、ついつい妊娠中は色々なことが面倒になってしまって、結局その翌年に年子、さらにその数年後には双子の妊娠と続いたため、結局骨盤のケア方法などを知らないままに3度の出産を経験することになってしまいました。そんな状況で自分の体を全然労ってなかったので、産後は1日中立っていても座っていても何をしていても腰痛に耐えられない状況になっていました。そんな中、通院していた産婦人科の看護師さんのアドバイス...
日々の姿勢の癖や出産などによってどうしても骨盤がゆがんだり広がったりしてしまいます。それをそのままにして放っておくと、悪いことがたくさんあります。例えば、おしりが大きくなり贅肉がつきやすくなります。そうなれば当然ですが妊娠前にはいていたズボンやスカートなどとはウエストサイズが異なってくるので穿けなくなってしまうでしょう。また、当たり前ですが姿勢が悪くなります。姿勢が悪いとさまざまな不調の原因となりますし、なにしろ若々しく見えません。簡単に言うと綺麗じゃないんですね。年齢よりも老けて見られてしまうこともあるでしょう。そして、一番大きな問題は腰痛です。骨格がゆがんでいることにより余計な力がかかるた...