ゆがむとどんな症状が起きる?

日々の姿勢の癖や出産などによってどうしても骨盤がゆがんだり広がったりしてしまいます。

 

それをそのままにして放っておくと、悪いことがたくさんあります。

 

例えば、おしりが大きくなり贅肉がつきやすくなります。

 

そうなれば当然ですが妊娠前にはいていたズボンやスカートなどとはウエストサイズが異なってくるので穿けなくなってしまうでしょう。

 

また、当たり前ですが姿勢が悪くなります。

 

姿勢が悪いとさまざまな不調の原因となりますし、なにしろ若々しく見えません。簡単に言うと綺麗じゃないんですね。

 

年齢よりも老けて見られてしまうこともあるでしょう。

 

そして、一番大きな問題は腰痛です。

 

骨格がゆがんでいることにより余計な力がかかるため、腰に負担がかかるのです。

 

これを放っておくと慢性的な腰痛もちとなり、大変なことになります。

 

どうやって骨盤を元に戻すの?

日々の生活や出産などが原因で骨盤がゆがんでしまった場合に、どのようにして矯正するのでしょうか?

 

もちろん、習慣や癖などが原因の場合はそういったものを取り除くことが大事なのですが、意志の力に頼るのは危険です。

 

そのため、一般的な骨盤矯正方法を紹介しましょう。

 

骨盤ベルトで骨盤をしめる

今は骨盤ベルトという大変便利なベルトが販売されています。
マジックテープで止められるもので、簡単にとりはずしができますので、トイレにいくときもとりはずしが便利です。これをつかって骨盤をしっかりしめていると、だんだんと骨盤がだたしい位置にもどっていきます。
最初は締め付けられるような感じがして痛いかもしれませんが、骨盤が元に戻るまでは多少の我慢は必要です。骨盤は正しい位置に戻れば簡単にはゆがみませんので、骨盤ベルトをするようにしましょう。
骨盤ベルトをしていると余計な脂肪も腰まわりやおしりにつきにくくなるので、ある程度のダイエット効果は期待できるのです。

 

整体にいって骨盤のゆがみをなおしてもらう

骨盤がゆがんでいて腰痛や坐骨神経痛に悩まされているようでしたら、ぜひ整体にいきましょう。マッサージでは一時的な痛みしか緩和されません。
ですから、整体にいってしっかりと骨盤の位置を正しい位置にもどしてもらいましょう。
骨盤の位置が正しい位置にもどるとそれだけで体の不調が解決される場合もあります。少し痛みが伴いますが、基本は一回でおわりますので整体はおすすめです。

 

骨盤矯正は自分の意志や努力だけでなんとかしようとするのは難しいものですが、専用のグッズや専門家などにお願いすることで簡単にケアをすることができるので、自分に合うと思うものをできるだけ早く取り掛かってみることが大事だと思います。